まつげが傷んでる、どうにかしたい

まつげが傷んでいると、すぐに切れたり、ハリやコシを感じられなくなったりしてしまいます。
まつげが傷む原因のひとつが、まつげを”盛る”ことです。
まつげにエクステをつけた状態でまぶたを上げ下げする負担は、
1年の間で約61kgの重量のものを1センチ持ち上げるのと同じくらいの仕事量になります。
61kgというと、標準的な男性の体重です。

つけまつげの場合の1年間の負担は、
まつげエクステを上回り、約95kgのものを1センチ持ち上げる仕事量になります。
95kgというと、力士の体重です。

まつげに乗った男性や力士を想像すると、まつげエクステやつけまつげの負担の大きさが想像できますよね。
まつげを”盛る”行為は、まつげだけでなく、まぶたにも負担をかけます。
まぶたは皮膚が薄いです。
引っ張られる負担にとても弱くなっています。

まぶたが引っ張られ続けることで、まつげが不健康になるだけでなく、
眼瞼下垂というまぶたが垂れ下がってくる症状が出ることもあります。
そうなると、目を見開こうと頑張ってしまうことで、筋肉が緊張。
肩こりや頭痛の原因にもなるのです。

とはいえ、自然に目元を印象付けられるまつげエクステも、
手軽にゴージャスなまつげを演出できるつけまつげも、
1度その魅力にハマってしまうと、やめられないという方も多いでしょう。
それなら、少しでもまつげやまぶたに負担のかからない方法で楽しむようにしましょう。

まつげエクステをオフするときには、サロンで専用のリムーバーを使い、1本ずつていねいに外していきます。
くれぐれも、自分で引っ張って取ないようにしましょう。
いつもキレイでいるために、一定期間まつげエクステを休むこともおすすめです。
まつげの毛周期は3週間から4カ月程度です。
まつげが傷んでいると感じるなら、少なくとも1カ月は休むようにして下さいね。

つけまつげは、特にまつげやまぶたへの重量がかかりやすいです。
付けている時間を短くするようにしてください。
外すときも、まぶたの皮膚が引っ張られないように、やさしく取って
連日で付けることは避けるようにしましょう。

まつげにコシやハリがないんです

なぜかまつげがさみしい印象。
でも、本数が少ないわけではないんです。
そういうときには、まつげの1本1本にコシやハリがないことが考えられます。
そもそもまつげにコシやハリがあるとは、どういう状態なのでしょうか?

まつげは長さも短く、生えている面積も狭いので分かりにくいのですが、
髪の毛に置き換えて想像してみると分かりやすくなります。
コシやハリ、存在感のある髪に必要な要素は、太さや健康的な弾力があることです。

まつげもそれと同じく、1本1本の毛の太さや弾力、しなやかさのある状態を
「コシやハリがある」といいます。
まつげに充分な太さや弾力がない状態では、まつげパーマをかけてもすぐに取れてしまいます。
ビューラーやマスカラを使ってまつげをカールさせても、少し時間が経つと下がってしまいます。

まつげのコシやハリがなくなる原因のひとつが、ビューラーの使い過ぎです。
ビューラーを頻繁に使うと、まつげがダメージを受けてコシやハリがなくなります。
まつげがコシやハリをなくすことによって、カールがつきにくくなり、
ビューラーを使うときについ力が入ったり、使う頻度が増えてしまいます。
それによって、まつげがまたダメージを受ける…
という悪循環になってしまいます。

悪循環から抜け出してまつげのコシやハリを守るためには、
ビューラーをやさしく使うことを意識してみてください。
できれば、ビューラーを使わない、アイメイクをお休みする日をつくるようにしてみましょう。

まつげ美容液を使って、素のまつげを健康的な状態にケアするのも有効です。
素のまつげにコシやハリが戻れば、ビューラーやマスカラによるカールのつき・モチも格段にアップするでしょう。
まつげ美容液を毎日使うことで、素のまつげのコシやハリを取り戻して、本数や長さのアップも期待できます。
素のまつげが健康的なら、メイクを落としてスッピンになっても、印象的な目元を維持できますよ。

まつげがよく抜けて困っています

まつげが抜けやすい方の場合、まつげの扱い方が雑になっている
というのが、私のこれまでの経験から感じることです。
まつげも髪の毛と同じ「毛」なのですが、実はまつげの方が髪の毛よりもデリケートなのです。

髪の毛は本数が多く、ヘアアイロンやドライヤーなどで傷むと分かりやすいので、
気になったらケアするのが当たり前になっています。
しかし、まつげは髪の毛に比べると本数も少なく、生えている面積も狭いので、ついつい無頓着になりがち。
まつげは髪の毛以上にデリケートで、刺激を感じるとすぐに抜けてしまいます。

まつげへの刺激で多いのが、こするという動作です。
花粉症などのアレルギーでかゆみを感じてこすってしまう、目の近くを触るのがクセになっていたりすると
まつげに大きな負担を与えています。

まつげが短いと感じる場合は切れ毛ではなくて、
抜けたまつげが生え変わって伸びている途中のことが多くなります。
まつげの長さは遺伝によっても決まりますが、小さな頃からまつげが短いと思っていても、
知らず知らずのうちにこするなどのクセがあって、まつげが抜けてしまっている方もいるようです。

短いまつげを本来の長さまで伸ばすのなら、触ることによる刺激を与えないようにするのが一番。
強くゴシゴシとこするのはもちろん論外ですが、
ちょっと触れるだけでも、何回も繰り返すことによって大きな刺激となっていきます。

目の周りに限らず、皮膚をこするというのはお肌に大きなダメージを与えます。
皮膚の表面がこする刺激を受けることで余計にかゆくなったり、角質層が乱れることで乾燥したり
皮膚が引っ張られることでシワの原因になったりします。
アレルギーなどで目にかゆみを感じるなら、アレルギー用の目薬をさすなどの対策を取るようにしましょう。

まつげが抜けやすいと感じているときには、お湯で落とせるフィルムタイプのマスカラがおすすめです。
お湯で落とすことができるので、メイクをオフするときのまつげへの負担が格段に少なくなります。

短いまつげ、何とかしたい!

目元の印象がさみしくなってしまう原因のひとつが、まつげの短さです。
まつげも髪の毛と同じく毛根や毛母細胞があって、生え変わりの周期があります。
まつげも一定の期間に一定の長さになると抜けて、また新しく生えてきます。

まつげの長さは、日本人の平均で5mm~10mmくらいです。
まつげの本数には個人差がありますが、上のまつげで約100~150本、
下のまつげでは約50~80本くらいだといわれています。

毛の生え換わりの周期を毛周期といい、まつげの毛周期は3週間から4カ月程度。
毛周期には、成長初期、成長期、退行期、休止期のサイクルがあります。
成長初期は、皮膚の中で毛がつくり出され、まだ表面には出ていない時期。
成長期とは、毛が皮膚の表面に伸びていき、太くなってコシも出てくる時期です。
退行期になると、まつげの成長が止まります。
休止期には、毛根との結びつきが弱まって抜け落ち、次のまつげが生えてくるための準備段階に入ります。

まつげが短い場合、まつげの毛周期が狂ってしまうことで長く伸びにくくなっている可能性が考えられます。
まつげ美容液をつかって、まつげの毛根に栄養を送り、長く太いまつげを育てるケアがおすすめです。

短いまつげをメイクで長く見せるには、マスカラの力を借りましょう。
マスカラを仕上がりの感じで分類すると、「ロングタイプ」と「ボリュームタイプ」「カールタイプ」に分かれます。
まつげを長く見せるには、「ロングタイプ」のものがおすすめです。

ロングタイプのマスカラはファイバータイプとよばれることもあり、名前の通り繊維がたくさん入っています。
ロングタイプのマスカラで長いまつげをつくるときには、まつげの先にもまだ長さが続くつもりで
ブラシを止めずに長く長く動かしていくようにしましょう。
マスカラのブラシを上に向かって塗ることで、マスカラ液の中に入った繊維が短いまつげの先に付いていき、
どんどん長くなっていきます。